名入れグラス作成体験レビュー

初めての名入れグラス 製作体験レビュー

お酒のボトルやガラスのグラス(コップ)に、お名前の彫刻やスワロフスキーをデコレーションしてオリジナルギフトを作成してくれる通販ショップ アトリエココロ さんで、名入れグラスの作成体験 をさせて頂きました。

ガラスを削って彫刻をするという初めの体験に少し緊張しましたが、グラスの出来栄えとデザインのセンスの良さにとても満足しています。

そしてグラス製作を体験して、最初から最後まで本当に手作業で、改めてハンドメイドで一つ一つ丁寧に制作されているプレゼントだという事を実感しました。

 

 

オリジナル名入れグラスの作り方

アトリエココロのスタッフさんに、作成方法を丁寧に教えてもらいました。

下記画像には私の作成した作品の他にも、スタッフさんの見本用グラスや他の方が作成したグラスも紹介されています。

今回作成したグラスは、イニシャルの彫刻とスワロフスキーのデコレーションを装飾した名入れグラスになります。

 

接着液塗り & 乾かし

グラス作成体験 接着液付け

最初にグラスのほこりなどをふき取った後、イニシャルを彫る部分にハケで接着液を塗っているところです。

接着液を塗り終わった後は、ドライヤーで乾かします。

 

フィルム貼り

グラス作成体験 デザインフィルム付け

ドライヤーで接着液を乾かした後、デザインが描かれた青色のフィルムを貼り付けます。
この青色のフィルムはパソコンでデザインされた後、転写機で転写されたフィルムです。

グラスにフィルムを真っ直ぐ貼れるように、真ん中に直線やメモリが入った専用ガラスを使ってグラスに押し当てているところです。

 

グラス作成体験 デザインフィルム貼り

鉄のたわしが輪っかになったような、一見何に使うかわからない器具でフィルムの上を何度もコロコロなぞっているところです。
空気が入っていないか細かくチェックしながら、指も使ってしっかり張りつけました。

ちなみに十字に書かれた黒い線は、グラスにまっすぐ貼り付ける目安のために描いた線です。

 

フィルム剥がし

グラス作成 ビックリ体験

しっかりなぞった後はフィルムの膜?のようなものが綺麗に剥がれて、残りの部分だけがシールのように張り付いていました。

作成中は目で確認していただけでなく指でもしっかり触っていたのですが、私はずっと1枚のフィルムだと思って作業していたので膜のように剥がれてちょっとビックリしました。

 

グラスの保護

グラス作成体験 保護シートの様子

グラスに彫刻をする前に、削ってはいけないところを隙間なくシート?とテープでしっかり保護しているところです。

このフィルムに描かれている青い個所がそのまま残って、透明な個所のみ削られるそうです。

 

彫刻作業

グラス作成 研磨体験

いよいよグラスに彫刻をする作業です。
アトリエココロさんではサンドブラストという技術でガラスを彫刻しているそうです。

鉄砲のような形のノズルから研磨の粒子がシューっとでてくるので、その粒子をグラスに吹き付けていきます。
なぞるようにしてグラスに数回吹き付けると、簡単に模様が削れました。
あまりにも簡単だったので、逆に彫り過ぎてしまわないか心配になってしまうほどです。

そんな強力な粒子なので、専用の作業ボックスの中で、さらに作業用の分厚い手袋をきちんと着けて行います。

 

アトリエココロさんのこだわり

作成体験 研磨されたグラス

一通り研磨作業を終えたグラスです。

真ん中の丸い部分はスワロフスキーをデコレーションする個所なので、他の個所より研磨粒子を何度もあてて深めに削っています。
深く削っている理由は、スワロフスキーができるだけ剥がれないように、プレゼントを贈られた方が長く楽しめるようにとのアトリエココロさんの配慮からでした。

お話を伺うと、彫刻ギフトの商品でもスワロフスキーをそのままデコレーションしているショップさんも多いようです。
アトリエココロさんではグラスだけでなくお酒のボトルも、出来る限り剥がれにくいよう手間をかけて削っていると教えてもらいました。

 

スワロフスキー装着

グラス作成体験 スワロデコ装飾

研磨を終えたグラスをアトリエココロのスタッフさんが洗って持ってきてくれました。

洗った時にグラスを保護していたシートと、削ってはいけない個所に貼られていた青いシールのような物も剥がしてくれています。

 

そしていよいよ最後の仕上げ、スワロフスキーの装着です。

グラス真ん中の他の部分より深く研磨した装飾個所に、スワロフスキーの石が取れないよう接着剤でしっかり貼り付けているところです。

 

イニシャルグラス完成!

グラス作成体験 完成グラス

完成しました!
グラスのカーブと光の反射でちょっと分かり辛いですが、イニシャル 『N』 のデザインです。

真ん中のスワロフスキーは好きな種類を選んで良いと言って頂けたので、通常より少し大きめの 『クリア』 な石を選びました。
クリア(クリスタル)は透明ですがダイヤモンドのようにキラキラ輝くので、高級感のあるグラスに仕上がったと思います。

 

オリジナル名入れグラスを使用した感想

制作体験で作ったグラス使ってみた

早速使ってみました!

今回体験させて頂いたグラスはウィスキーグラスでしたので、私もウィスキー...

ではなく、お酒が飲めないのでアイスティーで雰囲気を出してみました。
メインのドリンクを邪魔することなく、でもしっかり存在感のある名入れデザインだと思います。

 

今回はお昼間に使用したので画像ではスワロフスキーの輝きが伝わってこないと思いますが、特別な夜にはスワロフスキーにライトがあたるたびにキラリと輝いて、また違った雰囲気を演出してくれると思います。

 

ハンドメイド体験受け付けてます

名入れグラス ハンドメイド体験について

アトリエココロさんでは繁忙期など忙しい時は予約の受付を中止しているそうですが、希望者には名入れデコグラスのハンドメイド製作体験を受け付けています。

私たちはウイスキーグラスを使用しましたが、通常はワイングラスで、デザインは3種類から選べるそうです。

2人から4人まで受け付けているので、彼氏 ・ 彼女でお互いのグラスを作りあったり、内緒で作成してサプライズプレゼントにするのもおすすめです。

 

ハンドメイドグラス製作体験情報

料 金

  • 1人で体験 9,800円(税別)
  • 2人で体験 1人につき 8,800円(税別)
  • 3人で体験 1人につき 7,800円(税別)
  • 4人で体験 1人につき 6,800円(税別)
  • ※ 材料費 ・ サンドブラスト ・ スワロデコ技術指導料 ・ デザイン料 ・ お茶代込

所要時間 約2時間
場 所 大阪府豊中市
持ち物 手ぶらでOK

 

名入れウイスキーグラスは通常購入できます

イニシャル入りペアウイスキーグラス 購入できます
イニシャル入りペアグラス こだわりデザイン

今回名入れ体験をさせて頂いたグラスは、イニシャル入りのデコウイスキーのグラスです。
通常はペアグラスとして販売されています。

実はこのペアグラス、デザインがイニシャルごとに少しずつ違うこだわりデザインなので、並べて飾ってもサマになるグラスです。

 

注文前のお問い合わせ、相談も大丈夫なショップさんです

アトリエココロ お問合せや相談もOK

アトリエココロさんのギフト商品は、今回のグラス体験で紹介した通り全てハンドメイドのオリジナル商品です。
そのため通常のネットショップさんでは受け付けてくれないような事でも受け付けてくれるそうです。

注文前のお問い合わせや相談も大丈夫との事でした。

今回グラス作成中にいろいろ教えて頂いたので、ショップホームページには載せていないけれど、「こんな希望でも大丈夫です!」と教えてくれた、変更可能な内容などまとめてみました。

 

アトリエココロのプレゼント商品 他にもレビューしてます

人気の名入れグラス・新作グラスのレビュー

名入れグラス 一番人気・新作紹介レビュー

アトリエココロさんでは制作体験させて頂いたグラスの他にも名入れグラスが揃ってます。

名入れグラスの中で一番人気のグラスや、新作グラスなど教えてもらいました。

 

人気のお酒プレゼント レビュー

彫刻ボトル 一番人気・芸能人に人気ギフト紹介レビュー

アトリエココロさんには、名入れグラス以上にお酒の彫刻ギフトボトルが揃っています。

その中で、芸能人もプレゼントに利用している一番人気のお酒ギフトや、記念日など特別な年数と同じ年数熟成されたワイン、日本酒や梅酒のおすすめ商品を教えてもらいました。

 

管理人のミニ話

今回のグラス体験での出来事です。
スタッフさんが装飾のスワロフスキーについて話されていたのですが、男性はキョトンな感じでした。
よく考えればアクセサリーをしない(興味のない)男性にとって、「スワロフスキー」 や石の種類の 「クリア」 とか 「オーロラ」 って聞きなれない単語なんですよね。

スワロフスキーとは、オーストリアの高級ガラスのブランド名です。
クリア(クリスタル)とは、透明ですがダイヤモンドのようにキラリと光る高級感のあるイメージの石、
オーロラとは、虹のように七色に輝く華やかなイメージの石 になります。

 

生まれ年・記念年のヴィンテージワイン